よくある質問

SUS304に代わるステンレスの材料はないのでしょうか?
新日鉄住金(NSSC)の「R2120」という材料があります。これは、二相鋼でオースナイト相とフェライト相からなっています。クロム21%、ニッケル2%の含有でSUS304と比較しても、価格も安く強度は2倍ほど高く、耐食性に優れており、SUS316と同等の塩害に強いタイプと言われています。今後、水門・タンク類あるいはダム等で使用されていきそうです。
SUS304の配管に於いて、管の中が浸食され溶けたような状態になったのですが?
(湧水を汲み出すための装置)
通常温泉水とか山水の場合、ミネラルを含んだ硬水が多い為、通常のSUS304では厳しい状況となります。モリブデン(Mo)が入ったSUS316以上でないと、長期的にみた場合、腐食性に難を生じます。
電気釜の本体に帯状のライン(SUS430#)を使用していますが、錆が発生するので困っています。
不導体処理はできないものでしょうか?(電気釜製造メーカーよりの質問)
SUS430#に不導体処理を施しても、常時すれたり、こすったりする場所はあまり効果が得られません。何ミクロン単位の被膜ですので、どうしても長期防錆とするのであれば、テフロン加工等の処理が望ましいと思われます。
ソースの貯蔵タンクとして現在SUS316Nを使用していますが、腐食が早い為困っています。
鋼種は何がよいでしょうか?
ソースは青カビの一種で通常のステンレスではもちません。どうしても使用したい場合は鋼種SUS317J1を使用するとよいでしょう。(モリブデンの含有率が高い5%含)尚、ソースの成分、温度等のデータを提出してステンレスメーカーに事前に打診するのも一つの方法です。(暴露実験を行ってくれます)
モニュメントを制作している会社ですが、電解した後のシミで困っています。
電解液を使用した場合、シミになる原因は、ほとんど連続してフェルトを使用すると酸化したクロム(茶色)がフェルト内に残りますので、濡れたウエスでギュッギュッと拭けば防げます。また、シミを簡単にとる方法は、当社のコンク50をウエスに付けて拭けばスムーズに取り除けます。
電気分解(スケーラー)を使用すると、ステンレスがシミになることがあります。よい方法はないでしょうか?
ステンレス本体の温度は90℃~110℃が最も焼け取りに適した温度です。この範囲で行えば一切のシミになることはありません。但し、直後に水洗いを十分にして下さい。
水産加工機械を製作しております。どんなステンレスを使用しても、周期的に錆が発生し大変困っています。何かよい方法はないですか?
通常オースナイト系 304→316→316Nというふうに鋼種の選択をしますが、何も処理せずに材質を決めるのならば、SUS329J3LやSUS329J4L等があり、業界ではアール4と呼ばれる種類ですが、コストも関係しますので、問屋さんに交渉されるとよいでしょう。ステンレスは比較的酸系には強く塩素系又は塩基(塩)には弱いようです。通常、316に透明クリアを塗布することによって長期間防錆されます。(当社にはSUSガードという製品が御座います)
最近、ステンレス材料が高いと思われます。材料の値段はどうやって決めているのですか?
また、他の材料を代替に出来ないですか?
基本的にはイギリスのロンドンLMEを参考に、ほぼ一律・先物で決めているようです。例えばニッケル(Ni)が高騰したとか!クロム(Cr)が少ないとか理由を付けているようです。本来、国内に於いては、クロム・ニッケルの含有量が多い、オースナイト系(304#等)を筆頭にフェライト系、その他という順番があります。
不導体処理について。ゼネコンから酸洗い(硝酸・フッ酸)の劇毒物というふうに指示がありましたが、今一つよくわかりません。
国内に於いて、不導体処理被膜の形成は2つの方法があります。
 ① 脱脂後、酸洗い(硝酸のみ)を塗布し1時間後に水洗いする方法
 ② スケーラーを使用する方法
   電解液(酸性)で306VA以上の直流で行う方法
   例えば12Aのスケーラーであれば、25.5V以上の直流(DC)を使用すればOKです。(12A×25.5V=306VA)
温泉改修工事を施工し完成時にSUS及びタイルの錆取りをパープルでしたところ、
紫色以外に緑色に発色しましたが、問題はないでしょうか?
温泉の泉質でラジウム温泉又はラドン温泉に起こりうることです。通常、β線を放出するトリウムからα線を放出する(ラジウム)→ラドン→ポロニウムを経て最後は鉛に変化し安定します。鉛にパープルを噴霧すると緑色に発色します。
※車のホイールバランスは鉛で出来ているので、多くは緑色に発色します。パープルは錆取り以外にもカラーセンサーとして使用できます。


上へ戻る